スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02/13のツイートまとめ

comechann

@shirotubakihime 松山百点、懐かしい…定期購読しよっかな?ともあれ、おめでとうございます。末永くお幸せに?
02-13 08:52

スポンサーサイト

宝箱のような三味線立て

暫くは、民謡三味線は使わず、長唄三味線1本だろう、と思うと、新しく1丁差しが欲しくなり、オークションで巡り合ったのが、コレ。
P1000508.jpg
この、行燈のような見た目も、気に入ったポイントですが、肝はコチラ。
P1000510.jpg
三味線を抜いた後、箱が見台になっているのです!
現在の、毎週のお稽古は、正座の膝を突き合わせて…なので、家でも座って練習です(長くは持ちませんが)
下の引き出しに、最小限の物は仕舞えます。
グリーンの下敷きが、麻雀テーブルを彷彿させるのが、笑えますけど。
芸の腕はまだまだにしても、時代劇の、三味線のお師匠宅のシーン、とかは撮れそうです(笑)周りに、煙草盆とキセルとか、火鉢とか、並べたくなってきました。

撥も、象牙の分は舞台用にしては?と言われていましたので、木撥を購入。木撥も、現在は作る職人さんが激減。そのうち物もなくなるだろうと、三味線屋さんに聞いたので、市価の1/5~10のをオークションで2本落としました。
imapi052-img600x450-13261110204naovk36360.jpg

その際、お遊びで見つけた撥が、こちら。
もちろん、鼈甲ではないです。津軽ではアクリルの撥などあるようですが、津軽用ではないのに珍しいなー、綺麗だな、と思って落札しました。
schonbaisir-img534x454-13262682757dbdvv83241.jpg
濃い茶がマーブル状に入っていて、美しいです。意外なことに、なかなか弾き心地がよかった。当たりがパリッと軟らかいのです。掘り出し物でした。

また、これは本当にたまたまなのですが、佐門譜全1-6巻 という出物がありました。そこそこ値が張りましたが、きっと長崎在住中に習えるのは、ほんの数曲、折角譜の読み方を知ったのだから、譜があれば、この後自分一人でも少しは弾けるかも…と思い切って落札。
ある程度使い込まれて、書き込みもありますが、とても上質和紙で、思った以上に良い状態でした。
DSC03460.jpg

付いていた、お菓子の包装紙のようなカバーを外し、せめてカバーだけでも美しく若々しい色に変えました。表紙と背表紙に、目次を貼り出し、出来上がり♪
DSC03459.jpg DSC03463.jpg

第51回 もってこ~い寄席 ふたり会 柳家花緑 江戸家猫八

comechann

キャンセル待ちして手に入ったチケット。座席は当日早い者勝ちなので、真ん中前から7列目に陣取れた!!花緑師匠には、松山以来、3年振り位!? http://t.co/SNfrMkqD
02-12 13:45


演目は、花緑師匠の一席目が「おせつ・徳三郎」から、第一部『花見小僧』、中入り後に江戸家猫八師匠の物真似(最後に、息子さんの2代目小猫との共演あり)、花緑師匠の2席目『火焔太鼓』。
P1000517.jpg
猫八師匠(悪いけど、やっぱりまだしっくりこないや)の、素晴らしい声帯模写や、学術的な知識のお話も面白かった。
小猫さんも出てきて、親子で鈴虫や鶯を連奏しているのを、目を瞑って聞いていると、瞼に三代目(鬼平の『相模の彦十』)が浮かんできて、なんだか涙がジワッとした。
花緑師匠は、相変わらず、オバさん役が巧いね(笑)。オジサン役もオネエが入ると一層巧くなる。
枕でも、TVでは絶対聞けない際どい話も入るし、やっぱり寄席は止めらんねぇや。
終わって、出口混むかなと思いそそくさと会場を一歩出ると、そこでは花緑師匠が出待ち(?!)感激です!!
私もちゃっかり握手をしてもらい『松山の菊花寄席で何度か…』と云ったら『それはそれは、お久しぶりです』と云ってくれました♥

この「もってこーい寄席」は、大手プロモーターとかテレビ局などではなく、(多分)個人の落語愛好家が催されている様子。頭が下がります。

※「もってこーい」とは……長崎くんちの、退場しかけた時に,担いだり曳いたりしているものを「もう一度持ってこい」(もう一度見せろ)という意味で使う掛け声で、くんち以外のいろんなイベントでも「アンコール」「ブラボー」の意味で、使われる。

2012長崎ランタンフェスティバル 開幕

点灯式


獅子舞


龍踊(じゃおどり)

2012新春

年初に、JR長崎駅構内で咲いていました、桜かな、桜の仲間かな…
桃色が濃くて、とてもかわいかった。
P1000495.jpg

三味線のお稽古も始まり、小鍛冶も2ページ目に突入です(全6ページですが…)
先生に、『舞台以外では、象牙が減るのがもったいないから、お稽古の時には、木撥にしては?』と言われたので、探していた木製の撥。
新年早々、ほぼ新品の木撥を市価の約1/4で、ネットオークションで落札できました。
imapi052-img600x450-13261110204naovk36360.jpg
三十匁です。

それから、今月から、近所の公民館に、太極拳の講座があったので、柔軟運動気分で通い始めました。みなさん10歳以上年上の方ばかりなので、全く初心者の私にもとても優しくしてくれます。
太極拳の先生は、1/23から始まる「2012長崎ランタンフェスティバル」の複数の舞台で、演武されます。

ランタンフェスティバルは、2週間ぶっつづけ、毎日出し物があり、雑技団も来るし、楽しみだなぁ。
メイン会場の中華街は、我が家から徒歩10分です!
中華街そのものでは、横浜のそれに敵わないけど、この春節のお祭りは、圧倒的に長崎の方が豪華です。
ただし、出し物はほぼ夕方から始まるし、なにしろ一番寒い時期なので、風邪をひかないように重装備しなくっちゃ!

ランタンの夜景が、綺麗に撮れたら、またアップします♪

楽譜の違い

一念発起、というか、清水の舞台、というか…
3年前に、初めて三味線を習い始めようと思った時よりも、今回の『違う楽譜の教室に通い始める』という方が、私にとっては大きな決断だった。
何故かというと、なまじの知識を持っていて(頭の中が白紙ではなくて)、別の方法に切り替える、という頭の転換が必要だからです。昔からそういうのに弱かったけど、歳とともに『新しい物』に馴染めません。

今度の先生の流派は『佐門会』。
使う譜面は、佐門譜というものです。
3の糸の開放弦、2の糸の開放弦、1の糸の開放弦、3の糸の1のツボ…に、それぞれ「い」「ろ」「は」「に」…と、仮名文字が割り振られている。音の長さは、傍点で。等々、独特の書き表し方です。
また、仮名はひらがなだけでなく、(大の苦手の)変体仮名も併用します。
ツボ
これについては、詳しく解説を書いている方がいらっしゃいます。

例えば、松の緑の前弾きなぞは、
、わ、わ、わ、わ、わ、ぬ…』となります。

そうそう、お願いして、松の緑から教えていただくことにしました。(1/4だけでも)聞き覚えがある曲の方が、少しでも馴染みやすいと踏んだからです。
確かに、いちから新曲、よりは助かった部分も多い。でも、文化譜と佐門譜とがイコールではなかったのです!≠かな?「ほぼ同じ。でも、所々違っている」という、微妙なややこしさでした。
難しくて泣きたくなるなかでも、先生の唄いに併せて弾くのは、とても楽しいものです。
以前のカルチャーセンター方式ではなく、所謂『お稽古』という教室なので、板の間に一対一で先生と対面で、毎週みっちり30分です。
置き三味線を貸していただけるので、撥だけ持っていけばよく、通うのは楽です。

先生は、長唄と並行して、そこで踊りの先生もなさっていますし、いつも素敵な和装です。(これも憬れの1つ)
でも、何故かすっきりしない天気にあたることが多く、先日やっと私も初・着物で練習できました。
鰹縞
仕立てかえた柔らか物の鰹縞に、モノトーンの格子柄袋名古屋。
ちなみに、この帯の裏は、こちらも表の
夢の宴
お店で、表地と表地を選んで、両面袋名古屋に仕立ててあります。


私としては、じっくり(だらだら?)半年くらいかけて、この1曲を仕上げていくのかなぁ…などと呑気に考えていましたが、なんと、4度目のお稽古で、新譜をいただきました。目の前真っ白です。

次の曲は『小鍛冶』。(このコロンビアのページ、勉強になります)

図書館にも、この曲の所蔵がないので、心許無いですが、幸い先生は、お稽古時の録音は許可してくださるので助かります。

今日は、これから小鍛冶の2度目のお稽古。本日も頑張ってきます!

三味線・再開

長崎に移って、そろそろ3ヵ月。

三味線のお稽古の継続については、教室を決めるまでちょっと時間がかかりました。 早く再開しないと、指が鈍るばかりと、気はあせってはいたんだけど…

最初のひと月のうちに、三味線を扱う楽器屋さんを訪ねて、教室を紹介してもらい、また、自分で探したカルチャーセンターにも、どちらも見学に行きました。

高松でも、カルチャーセンター形式で習っていたことでもあり、その方がなんとはなしに加入するのも気が楽、ではあります。
実際、見学した際も、先生も生徒さんも気持ちの良い方々で、その教室のレベルについていけるかは別として、入りやすそうな雰囲気でした。また、楽譜もいままでと同様の文化譜(三線譜)でしたので、それも嬉しい。
但し、こちらは『民謡』三味線の教室。以前の教室では、民謡あり地歌あり、歌謡曲も長唄も…と、広く浅く、初心者にはうってつけのラインナップでした。が。民謡だけとなると、迷いが生じます。折角、長唄三味線も持っているのに…

一方、楽器屋さんの紹介で行ったのは、長唄の教室。
折しもお浚い会直前の合同練習の一部を見てしまい、余りのレベルの高さに絶句・圧倒…
そして、恐れていたことに、楽譜は『縦譜』だったのです!
「素敵」「格好いい」「やってみたい」と同時に「自分には無理」と、帰りの車中で、結構落ち込みました。
高松での先生に「やってみたいけど、無理です~」と泣き言メールを送ったのもこの時期。

ですが、ひと月ほど逡巡した後、こちらの長唄の先生にお世話になることに決めました。
初心者として、一から教えていただきます!
(「なかには、どうしても譜面に馴染めず、辞めてしまう方もいるけど、それはそれで仕方ないので、あなたも無理しないでいいわよ」と、先生がハードルを下げてくださいましたので)

先月の下旬、そのお浚い会を拝聴してきましたが、予想以上に凄いんです!
曲名の羅列
鶴亀/花見踊/越後獅子/岸の柳/橋弁慶/鷺娘/筑摩川/都風流/ねずみ車 みぞれふる夜/蜘蛛拍子舞
20-30分の曲も数あり、中には30分超えも!!そして、三味線方の方々は、全て暗譜です。
実は、先生は、花柳流の踊りの先生でもあり、舞台の前半は日本舞踊、後半が三味線、という何とも贅沢な会だったのです。堪能しました♪
先生も、踊りに三味線、唄方、最後には小鼓まで!!なんともマルチな方だったのです。
プログラムを見ても、名取の方がわんさか。舞台前の練習を見て、圧倒されたのも当たり前の事なのでした。

くんち紺屋町今年の長崎くんちの本踊りで唄方をなさっていた先生

12/13のツイートまとめ

comechann

mixi Xmas☆今年のクリスマスは・・・「好いお天気ですように…」☆ http://t.co/RejDpXcF #ベルを鳴らそう
12-13 12:34

12/08のツイートまとめ

comechann

@_caori_ いやいや、それにしても「今度のお正月は、会える~?」の会話が出来ないのが悲しい…(T_T)
12-08 07:29

12/07のツイートまとめ

comechann

[お世話になった人診断] 私は今年.@_caori_さんにお世話になりました。*香*さんは酔いどれた私を何度もおぶってくれた心優しき人! #osewa2011 http://t.co/gxolOu2f
12-07 22:49

@rocomoco759 ぐっと寒くなってくるし、ここは我慢して、体力温存してくださいまし!
12-07 22:52

@shirotubakihime そちらの牡蠣もおいしそう☆長崎の牡蠣も美味しいんよ♪ お疲れ様。頑張れ~ http://t.co/ia52Qi7Z
12-07 22:56

count

関連BOOKS

フリーエリア

sidetitleprofilesidetitle

ちょこにゃん

Author:ちょこにゃん
…今年も頑張ろう、週一キモノ…

sidetitleonline countersidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitlecountersidetitle
sidetitlerecent commentsidetitle
sidetitlerecent entrysidetitle
sidetitlecategorysidetitle
sidetitleArchivessidetitle


全記事表示
sidetitleTwitter Updatesidetitle
sidetitlerecent truckbucksidetitle
sidetitle注目words!sidetitle

浴衣  帯留 鼻緒  半幅 下駄 半襟 温泉 帯〆 三味線 半衿 着物 すずめ 日本刺繍 手拭い 

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleネコ温度計sidetitle
sidetitle長崎市のイベントsidetitle
sidetitleヨガするsidetitle
sidetitleafternoon-teasidetitle
sidetitleTripAdvisorに掲載されましたsidetitle
琴平町のホテルの口コミ
琴平町のホテルの口コミ
sidetitleNew Photossidetitle
sidetitlemaxellディスクレーベルデザインsidetitle
sidetitle文楽みくじsidetitle
sidetitle名刺sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleLINKsidetitle
sidetitle*Advertisement*sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。