スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

源氏香

格安の、無地の結城紬の反物を手に入れたので、一念発起…というか、身の程知らずに、新反に手を入れる、という暴挙に出た。

背中に、源氏香の洒落紋を1つ。

影の"夢浮橋"に"葵"を重ねて、更に葵の葉の図案も乗せてみようと思った。
選んだ源氏の巻数に、深い意味は無い。
図案として、見つけたときに『きれいだなぁ』と思ったからだ。
葵の柄も好きであったし。

それにしても、第9帖 葵 も、第54帖(最後の巻) 夢浮橋 も、死に彩られている。
葵上は、生霊に取殺されてしまうし、夢浮橋は、死に損ねた浮舟の、後日譚のようなもの。

…まぁ、ただの図案だから、いいのだ。


刺繍枠には、別のものを張っていたので、今回初めてフランス刺繍の木枠を使ってみる。机の縁に万力で留めている。
P1000369_convert_20110325101655.jpgP1000366_convert_20110325101731.jpg
縫い始めてみて、色の浮き方に気づき、糸を選びなおした。
P1000370_convert_20110325101801.jpg
右と左が、別々に縫いあがった。

そして、仕立てあがったのがコチラ。
P1000369_convert_20110325102008.jpg

着物の地色は、浅いライラックのような藤鼠。八掛は、萌黄色にして、袖口や裾は、雛祭の菱餅のような色の重なり。
源氏香の茜色と、葵の常磐色は、着物の取り合わせを、軽くリフレインさせたもの。それにしても、コントラストがややきつかったな…


どんな帯にも合うように。。。というか、帯を引き立てる着物をと思って選んだ反物なのに、こう仕立てあがってみると、今度は源氏香柄の帯が欲しくなってくる。着物欲は、終わりの無い蟻地獄だ。

スポンサーサイト

刺繍帯、完成

だいぶ以前に始めたモチーフですが、ようやく完成しました。
(途中、謎の空白時間が出来てしまうのです、ちまちました作業の時って、根気が持たなくて)
象帯刺し終わり
白象帯象アップ
白象帯唐花アップ

早速、二部式名古屋に仕立てました。
絹のフェルト芯を使って、ミシン仕上げで、
手は、お太鼓・角出し対応の作り方です。

今日の三味線のお稽古でデビューです。
象帯着用


中には、kimono gallery晏さんの 保多織襦袢を着ております。
わがままいって、袖なしで、脇を全部開けてジレ状に仕立てていただきました。
保多織半襦袢
程よい立体感が、暑い季節に気持ち好い!!
生地のアップはこちら。半襟は工房遊さんの特注です。
保多織襦袢と遊半襟
着物に合わせて、今日の嘘つき袖は、東レシルック素材のハギレです。
保多織襦袢袖つき

白象

デパートの、リサイクル着物市のワゴンセールで見つけた、500円の未使用羽織と、1,000円のポップな紬の長着。
そのまま着たいな~ という素敵な柄だったのですが、年を考えて(笑)諦め、
帯にリメイク中です。
まずは半巾帯を1本作りました、
現在は二部式名古屋帯を作成中です。
象帯途中

本来なら、ダーっと1日仕事で終わる程度の工作しか向いてない性格ですが、
今回は、じっくりゆっくり作ってます。
お太鼓に刺繍で柄を入れることにしたからです。

お手本はこちら
草乃しずか象


蓮の花が咲く頃までには間に合わせたいものです。

今週末の、三味線のお浚い会に着るもの、やっと決めました。
衣装合わせ

ゴールデン・ムガの訪問着に、母から貰った小森の袋帯をおろし、
ポイントは、友禅に刺した自作の半襟と、
曲"茄子と南瓜"になぞらえて、茄子の帯留。
ふーー。
決まるまで随分かかりました、この帯、黒地だから何にでも合わせやすいかと高を括ってたんだけど、
乗せて見てみると、なかなかしっくり来る着物がなかったんです。
当日は天気が悪そうだけど、もしも雨でももう変更しません、
フルレングスの雨コートで出かけます!

自作の刺繍半襟をつけるのは、これが初めて。
手刺繍なので、洗濯利かないだろうし、と思って
内側に、薄めの伊達衿を縫い付けちゃいました。
牡丹半襟

襟周り、なんだかぼってりしちゃいそうだなー。


修了作品展~日本刺繍~

DSC02465.jpg
今年度の作品展、後期の日程 日本刺繍 で、
数少ない私の作品も展示される事になりました。
先だっての洒落紋の紬も仕立てあがってきましたし、
新たに、秋草柄の帯を鋭意作成中。
23日が搬入です、間に合うんだろうか??

四国新聞文化教室修了作品展

P1000316.jpg
P1000314.jpg
P1000317.jpg
P1000324.jpg
P1000323.jpg

日本刺繍-06

染め工房 遊 さんに染めていただいていた半衿を下絵にして、
過去記事
日本刺繍を施す作業が、
最初の1枚分、仕上がりました。
宝尽くしです。
半襟用の枠に張って
刺繍半衿宝尽くし下絵
細かい柄なので、
釜糸を半分に裂いて、縒って使います。
刺繍半衿宝尽枠

出来上がりのアップ
刺繍半衿宝尽アップB

全体の感じ
刺繍半衿宝尽全体

やっぱり、仕立おろしは、お正月かな?
下絵染め、残るもう1枚は藤の花。
こちらは、もっと柄が細かくて、涙が出そうです(自分で選んだ柄なのに)

日本刺繍-05

なんだか弾みがついちゃって…^^

夏の間に、いくつか仕上がってます。
まずは、前回の習作3の桔梗柄。
仕上がりは、こんな感じ。
刺繍桔梗
これは、前面・背面を同じ生地で、
底に本皮をつけ、
中袋は博多帯を用いてハリをもたせ、
持ち手の竹手は、他のバッグにも使いまわせるよう、ボタン留にしてあります。
刺繍桔梗バッグ

…出来上がってみても、やっぱり露草だぁぁ(泣)

先生からの課題の習作が3つ終わったところで、
以降は自由に、自分の好きなものを作っていけます。

但し、先生に、
半衿にワンポイント、というものではなく、
びっしり色んな縫い方を練習できる柄にしなさい」と云われ、
私が選んだのは、こんな松竹梅。
びっしりと云われた割には、スカスカですが(笑)
刺繍松竹梅
こちらは、小型のボストン風に、
私にしては珍しく、ファスナー開きのバッグになりました。
刺繍部分は、前面のあおりポケットに。
同系色の紬の名古屋帯を潰して、全体を作り、
内側の派手な柄は、新古品の着物用雨コート地。
刺繍松竹梅バッグ

この雨コート地は、更に別に使いまわされていきます…

日本刺繍-04 習作その3

暑さ・蒸し暑さと比例して、
日本刺繍の運針も遅々として進まず…

この習作3に掛かって一と月以上になります。
桔梗習作

本当は、桔梗の柄です、
ですが、生地の地色と、釜糸の在庫との関係で、
私の花はなんだか露草のよう…
清楚ですが地味な色遣いで、はっきり云って私好みではありません。
(進まないのは、そのせいかなぁ)

一緒に始めたお友達は、同じ桔梗パネルが今日ほぼ仕上がっていました。
うーむ。
今週からは、巻きなおしです!!

今日の刺繍教室に、今にも降り出しそうな暗い空でしたが、
「これなら自分で洗えるし!」と気を取り直して着て出掛けました、
仕立て下ろしの有松絞りの浴衣。
てか、有松絞りのデビューです。
初有松!!
有松シンタ

私に絞りはどうかなぁ、と心配でしたが、
お稽古の先輩方にも誉められて、とても気を能くしました^^
コーマよりさらさらしているし、洗ってもアイロン要らずだし、私向きかも!!
柄に空きの在る短冊に『あなよろし』って書きたくなっちゃう(笑)

結びは、やこさんの真似をして、
花詩歌の麻絹兵児帯を、ファブリック帯に見立てて、p117の「シンタ」風に。
ただ、ギュッと〆たつもりが、時間とともに緩んで来がちだったので、
後から〆足しました、
歩いてて帯が落ちたら洒落にならないもんね~

日本刺繍-03 習作その2

日本刺繍の練習課題第2回目のは、
どんな色糸でも使いやすそうな黒地にしました。
この回は、相良刺繍が課題、
桐の模様2つをひたすら挿していきます。

習作その1は、柄と言い出来といい、
パネルにしかならないけど、
とてもじゃないけど、飾りたくない出来映えでした(泣)
今回は、『何か』に出来そうな柄の配置を目指しまして
刺繍習作2
ポーチにいたしました。
古い羽織紐をループにして、
バンナイズ帆布のストラップで、着脱可能の持ち手にしました。
裏も同じ柄の色違い。
刺繍習作2裏面アップ
中の生地は、ビビッドカラーの糸瓜柄手拭。
刺繍習作2中身
実は、残布です。

というのも、

続きを読む

日本刺繍-02

3度目のお教室、
まつり縫いに続いて
地引縫い
地引
菅縫い
菅縫
そして、今日習ったのは
ちょー手間が掛かる 駒詰め
駒詰め
縫うのも、駒の扱いも、ぎこちない…

着々ではないですが、ボチボチと進んでおります、練習課題。

この日は、22℃だったんですよ!!
史上最速単のデビューです。
Mちゃん苦心のお召し。着易かったわぁ。
さらっとしていて、暑く感じませんでした。
ねこは何処?
昨秋のパーティーでお目見えした、猫の帯、
お召しに野蚕
今日は更に、猫背負ってます。
お太鼓に3匹、前帯に2匹、そして
リンクしてます
実はこんな半衿でした。
染工房 遊さん作です。
誂えではありませんよ、たまたまリンクしてる柄を見つけて、一目惚れでした♪

日本刺繍-01

念願の、日本刺繍の講座を受け始めました。
こちらも、三味線同様、家から激近のロケーション。
横断歩道を渡った並びに出来たのです、
カルチャーセンターの新会場が…
これは、「通え!!」との天啓ですな。

で、昨日が初日。
知識も道具も何もないところからスタートです。

まずは、木枠を組み、
晒で長さを出した絹地を張ります。
今回使うのは、この三色です。
日本刺繍01

そして、絹糸の撚りの掛け方、
基本の まつり縫い を習って、初日は無事終了。
この日、私も含め4人の生徒さん中、
なんと、3人が着物でした♪
私は、茶色に細い朱の縞の牛首紬に、生紬のフルーツ柄紅型名古屋帯。
教室はとても暖かくて、助かります^^


殿が、岡山出張だったので、
おねだりしたお土産。
ロクシタン
欲しかった、ロクシタン~♪
ありがとう

count

関連BOOKS

フリーエリア

sidetitleprofilesidetitle

ちょこにゃん

Author:ちょこにゃん
…今年も頑張ろう、週一キモノ…

sidetitleonline countersidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitlecountersidetitle
sidetitlerecent commentsidetitle
sidetitlerecent entrysidetitle
sidetitlecategorysidetitle
sidetitleArchivessidetitle


全記事表示
sidetitleTwitter Updatesidetitle
sidetitlerecent truckbucksidetitle
sidetitle注目words!sidetitle

半衿 日本刺繍 温泉 半幅 手拭い 下駄 すずめ 半襟 三味線  着物 帯留 鼻緒 帯〆  浴衣 

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleネコ温度計sidetitle
sidetitle長崎市のイベントsidetitle
sidetitleヨガするsidetitle
sidetitleafternoon-teasidetitle
sidetitleTripAdvisorに掲載されましたsidetitle
琴平町のホテルの口コミ
琴平町のホテルの口コミ
sidetitleNew Photossidetitle
sidetitlemaxellディスクレーベルデザインsidetitle
sidetitle文楽みくじsidetitle
sidetitle名刺sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleLINKsidetitle
sidetitle*Advertisement*sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。