スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の まちこさん

先週、我が家に嫁してきた まちこさん
嬉しくて、毎日なぜています^^

私は、ウォーマー付きにしたので、
まず手始めに、お花を1つ(ビミョーに色が違うけど)
まちこプチ変身

そして、付いて来た内袋で型紙を取り、
着せ替え1号です♪
表裏の無い生地を胴体にして
片面は、バティックの古布(アノ帯の残布)、
まちこ着換1A
もう片面は黄八丈で。
まちこ着換1B1
バティック側は、同柄の、
黄八丈側は、朱の鹿乃子柄縮緬のポケットをつけました。
ちょっと鍵を入れるのでも、ポケットがどうしても欲しいのです。
残布でお花のチャームもできました♪
まちこ着換1B2

ふふふ。
これで、いかにも、な着物バッグになりました(自己満足)
スポンサーサイト

咲きおり を拡げて

裂き織機 咲きおり を、引っ張り出してきて、トンカラリン(とはいかないけど)始めました。

整経(縦糸を張ること)のコツもつかみ、
織り始めるまでの準備にかかる時間が、
以前の半分ほどに短縮されて、嬉しい。

調子に乗って、最大限の長さ 4Mに挑戦してみた。

といっても、同じ作業を唯繰り返すのは苦手な私、
4M張った糸に、色柄・パターンを変えて7種類織ってみた。
バッグの前面用、背面用、
1枚で袋状のバッグ用、小物入れ用…

4Mの縦糸って、長いね。
用意の裂いたきれが、足りなくなってきて、焦ってしまった。

そんななか、1番メインに織ってみたかった、
ピンクの肩裏の生地で出来たのが、こちら。
咲きおりピンク
この肩裏は、あの時の紫の膨れ織のコートの裏地。
新品だったからね、とても綺麗です。
底部分は、皮で補強を試みた。
そして、このバッグのもう1つの主役は、この持ち手。
これは、以前阿佐ヶ谷で、手が届かなかった山葡萄の籠バッグのお店かごやさんで、
せめとも、と仕入れて帰ったもの。
なんだか、持ち手のお陰でグレードがぐーんと上がったような気がする(笑)
持ち手と一緒に仕入れた胡桃の根付を飾り
胡桃チャーム
ついでに、サブバッグも。
ピンクとサブ
サブバッグには、山葡萄ボールのチャーム。
サブのチャーム

ここまで作ったら、流石に集中力が切れてしまった(笑)
残りの織物が、どんな加工になるのか、まだ暫く未定です。

…始め

三味線のお稽古始には(そして着物始め)、
京都『貴久樹』のゴールデン・ムガシルクの訪問着に、
万能の、ベージュの明綴帯をあわせて。
ムガ

今日が仕立て下ろしですが、何故かというと、
琵琶
こーんな柄が刺繍されているから!!
写真では、判りにくいでしょうか、
観世水文の源氏香の上に、琵琶が縫い取りされています。
他にも笙や笛などの楽器が散りばめられているのです。

ゴールデン・ムガシルクは、
インド北東部のアッサム州に生息する数少ない野蚕の糸で、
染色しないそのままの色が自然な黄金色なのです。
初めて目にしたときは、
(この素敵なゴールドは、何で染めたんだろう?)
と思い、尋ねてみると、
なんと全く染めていない生糸の色だと知って、本当に驚きました。
そしてまた、本当に軽いんです、これ。
通常の着物1反が700グラム~780グラムのところ、
ゴールデンムガはなんと、400グラム程度らしいんです。
確かに、着ていて楽でした(ちょっと皺は若干気になるけど)、
といっても、薄くて軽いのに、寒いわけではありません、しっかり暖かかった。
ゴールデン・ムガの糸は非常に細くて密度が低いため非常に軽く、
それでいて紫外線カカット率が高く、抗菌性や撥水性にも優れているとのこと。
以前、母からプレゼントされたショールが、初めての1枚でした。
畳むと掌に入ってしまうほどなのに、背中全体を覆う面積があり、
羽衣のように薄いのに、ほわっと暖かかったのです。
機会があったら、1度手にとって実感してみてください、
次なる贅沢品には、1押しの紬です。
(私の場合は、自分への、ン十周年記念です)(笑)


その2日後は、先生の幾つかの三味線教室合同の新年会でした。
この日は、ぐっとカジュアル(?!)に
毎年お馴染みの『飲み会御用達』訪問着。
半幅

ずっと昔に、誂えてくれた母自身が「品が無い」と、いたくお気に召さず(笑)
今までに『呑み』の席以外で活躍した事が無い、且つ
なのに、まだ染み1つ無い、という不思議な着物です。
(この着物、汚しちゃいけない、という緊張感が、どれだけ人間の行動をぎこちなくさせるか、という逆説ですね)
そして、併せて誂えていた袋帯も、母の了解を取って、年末のうちに細帯に造り替えていましたので、それで参戦!!
半幅up
座敷席で2.5時間の会でしたが、(すわれーるも手伝って)超ラクチンでした♪

この日の前挿しは、盛装っぽく
京都の芸舞妓さんを真似て、
手持ちのかづら清老舗の"梅に鶯"(冬季限定)に、オリジナルで稲穂をつけたし。
稲穂
1月15日はちょっと過ぎてたけどね、そこのところはちょっと大目に…(笑)

たこ焼きパーティ

新年、最初の3連休、
お客様をお呼びしての、たこ焼きパーティを開催しました。

1番のメリットは、『私が作らない事』。
これは、最高のメニューです。(爆)

私は、サイドメニューの、
・プチトマトとハーブのバルサミコとEXバージンオイル和え
・オリジナル牡蠣のオイル漬けのホウレン草ソテー
・パイナップルのミントまぶし
を並べただけです。

たこ焼き2009

今年の出来も、よかったです♪
連休中続いても、飽きないな~


今年の作品第1号は、
エスニック帽
私にしては珍しく、編みこみのエスニック調耳つき帽子。
ちょっと大きいようなので、フリースのぴったり帽と重ねて被ろうと思います。

東山魁夷せとうち美術館

正月早々、
坂出の 香川県立東山魁夷せとうち美術館 へ行って来ました。
瀬戸大橋の付け根にあるというロケーション、
岡山に面した瀬戸内に位置する美術館です。
お正月に滞在客があるので、
この時期開館しているって、嬉しい♪

館内は、こじんまりとして、落着く感じ。

見終わった後、館内の喫茶コーナーへ。
窓を大きく取ってあって、とてもイイ雰囲気です。
かいい


昼食は、JR坂出駅の 亀城庵 へ。
いつもは、オススメの 海老と揚げ餅のぶっかけ が定番ですが、
今回は浮気して、いつも気になっていたカレーうどんを。
カレーうどん
オリジナルなルーの味わい、さらっとしたスープがたっぷり、こちらもとても美味しかったです。

明けましておめでとうございます

拙いブログですが、本年も宜しくお願い致します。

除夜の鐘を聞いてから、
土地の氏神さん、
岩清尾八幡宮へ初詣。
帰り道、今年から始まった、年明けうどんをいただきに、
近所のお気に入り
めん処 味よし へ。
普通に、「鳥天おろしぶっかけ」いただきました。夜中の2時に(笑)
とっても美味しくてオススメです。

今年もうどん、食べるぞ~
金箔

count

関連BOOKS

フリーエリア

sidetitleprofilesidetitle

ちょこにゃん

Author:ちょこにゃん
…今年も頑張ろう、週一キモノ…

sidetitleonline countersidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitlecountersidetitle
sidetitlerecent commentsidetitle
sidetitlerecent entrysidetitle
sidetitlecategorysidetitle
sidetitleArchivessidetitle


全記事表示
sidetitleTwitter Updatesidetitle
sidetitlerecent truckbucksidetitle
sidetitle注目words!sidetitle

帯〆 浴衣 手拭い 鼻緒 帯留 着物 日本刺繍 半襟 三味線 半幅 温泉 下駄  半衿  すずめ 

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleネコ温度計sidetitle
sidetitle長崎市のイベントsidetitle
sidetitleヨガするsidetitle
sidetitleafternoon-teasidetitle
sidetitleTripAdvisorに掲載されましたsidetitle
琴平町のホテルの口コミ
琴平町のホテルの口コミ
sidetitleNew Photossidetitle
sidetitlemaxellディスクレーベルデザインsidetitle
sidetitle文楽みくじsidetitle
sidetitle名刺sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleLINKsidetitle
sidetitle*Advertisement*sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。