スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

林真理子 講演会

4/12、林真理子の講演会に出掛けました。
林真理子

友人と、昼前集合、
サンポートの展望フロアのレストランで昼食(記事にする価値は無かった)をとり、
13:30開演なので、13:00には会場に入ったのですが、既に3/4は埋まっていて、随分後ろの方の席でした。
いつも、ディナーショーが行われる広間だったので、そのレイアウトのつもりで出掛けたら、まるで大学の講堂のように、椅子のみが、まっすぐ敷き詰められていて、びっくりしました。
一体、何百人入ってたんだろ…?
まぁ、舞妓さんのショーではないので、後ろの方でも平気です。

内容は、わりととりとめもなく、震災後の暗~い東京で鬱々としているなか、陽光眩しい南国高松に来られて、とても嬉しい、という冒頭の言葉くらいしか記憶に残っていません。
小説のネタをどうやって拾うか、源氏物語の意訳の苦労…まぁ、こんな話をするだろうなぁと予想されたものでした。
もともとコピーライターだし、勝手にチャキチャキした人というイメージを抱いていたので、思ったより物静かでしたが、考えてみれば、書くことと喋る事は全くイコールではないので、当たり前のことなのでした。

鄙にて、生で著名人の話を聞く。
収穫は、そんな感じです。


本日の着物。
桜
桜が満開になってしまってから着るのが、とても気後れしましたが、どうしてもこの春に1度手を通しておきたかったので、思い切って着用しました。
やっぱり柔らか物は苦手…おはしょりがモコモコしてます…
帯は、『両面使える袋帯で表・裏ともに両端から帯の真ん中あたりで文様を変えてありますので、四通りのお太鼓と、六通りの前腹柄が楽しめる』という触れ込みで、手に入れたもの。
片面は、金通しのふくれ織り、うらは普通の西陣のようです。
左右どちらも太鼓にするというので、できるだけ着用皺が残らないよう、厚目で弾力のある、フェルト状の絹の帯芯で仕立てました。
今日は、太鼓はスッキリ青い柄を出し、前柄を桜にしました。
桜back
ひっかけ結びにしましたので、着用後すぐにアイロンを掛ける、という手間が発生!!
桜帯留
帯留は、冬の間に作っておいた、ビーズのブローチ。
こちらの無料レシピです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

count

関連BOOKS

フリーエリア

sidetitleprofilesidetitle

ちょこにゃん

Author:ちょこにゃん
…今年も頑張ろう、週一キモノ…

sidetitleonline countersidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitlecountersidetitle
sidetitlerecent commentsidetitle
sidetitlerecent entrysidetitle
sidetitlecategorysidetitle
sidetitleArchivessidetitle


全記事表示
sidetitleTwitter Updatesidetitle
sidetitlerecent truckbucksidetitle
sidetitle注目words!sidetitle

三味線 半幅 温泉 着物 手拭い 日本刺繍 帯留 半衿  鼻緒  すずめ 帯〆 浴衣 半襟 下駄 

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleネコ温度計sidetitle
sidetitle長崎市のイベントsidetitle
sidetitleヨガするsidetitle
sidetitleafternoon-teasidetitle
sidetitleTripAdvisorに掲載されましたsidetitle
琴平町のホテルの口コミ
琴平町のホテルの口コミ
sidetitleNew Photossidetitle
sidetitlemaxellディスクレーベルデザインsidetitle
sidetitle文楽みくじsidetitle
sidetitle名刺sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleLINKsidetitle
sidetitle*Advertisement*sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。