スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬にもステテコ

ひと夏…と言うより、
春の単衣の頃から、真夏、秋の単衣の時期を通して
長襦袢はお蔵入り、
ひたすら、胴が晒しの、嘘つき半襦袢と
下は綿のローライズステテコで通してました。

あまりの楽さに、ずーっと穿き続けたいと思ったんだけど、
流石に袷の時期に
つんつるてんの丈のステテコが見えるのは無しでしょう?(笑)

というわけで、古い七緒を引っ張り出し、
冬用ステテコ作成開始です。

素材は、肩裏の柄が気に入って買っておいて、
表地には興味がなかった、羽織です。
今回、触ってみたら、珍しく薄くてトロンとした綸子のような生地。
これはいけるかも!と思いつきました。

解いて、ネットに入れて、シルク用洗剤で洗濯機のソフト洗い。
そのまま陰干しにして、アイロンをかけずそのまま仕立て始めます。
きっとこれで、縮み防止になったはず。
因みに、この仕立中、アイロンを一切使いませんでした。

ステテコの型紙には、着物の反物巾では足りないので、
羽織の前身ごろと後ろ身頃、
それに衿部分(?)の細長い部品を真ん中に挟んで1枚の布にし、
型紙の前と後ろをくっ付けて置いて、
左右1枚ずつのパターンをかたどり、それを繋げたので、
縫う作業はとっても簡単!

注意するのは、七緒の型紙は、丈が短め。
今回は、冬の襦袢の代わりですから、
丈は、着物よりちょっと短いだけにしました。

出来上がりは
すててこ

履き心地は抜群、
快晴の秋の日の、乾燥してる天気で歩きましたが、
静電気の纏わり付き感が皆無でした。
これはいい!!
木綿や単衣の、裾捌きの悪い着物にも重宝しそうです。

ガラスの帯留

朝晩の風が、やっと涼しげになって来ました。
とはいっても、ここ数年の酷暑に比べれば、今年は随分過ごしやすかったのですが。
(なのに、何故こんなに長く、更新をサボってたんだろ?)

和工房あき さんのイベント、
世界に一つだけのガラスの帯留めを作ろう!
に参加してきました。

講師は、中野光太郎さん。
群馬・桐生「絲都(いと)のそよ風工房」で染めものをしていらっしゃる 兼
目白で「花想容」というカフェ&キモノshopを営んでらっしゃいます。

チラシを見てるだけでも、ワクワクでした。
どんなの作ろう…

いろんな色のガラス棒を、切って組み合わせて、
ガラス棒
特殊釜に入れて、レンジでチン(?!)して
好みの色・形に仕上げるのですが、
釜入れ前・後の具合が、いまいち予想がつきません。


1つ目は、はなからやってみたかった、肉球マーク!
巧くくっついてくれるか、幾分不安でした。

調子に乗って、2個目は、
私としては割とオーソドックスに、
四角くモザイク調にしました。
道具など
釜入れ前の、組み合わせた状態と、ガラスカッター

さてさて、焼き上がりは!!

帯留肉球
うーん、生地がゆるくて失敗しちゃったクッキーのような仕上がりだ
もう少し縦に長く配置したらよかったかな。

帯留モザイク
こちらは、思った通りオーソドックスに出来上がりました。
へりの透明の部分を、パキっと白にしたほうがよかったと、後から反省。

こういうのって、本当にその人のセンスが顕れちゃいますねぇ。

それにしても、世界で一つ、
それなりにお気に入りの逸品が手に入り、嬉しいのでした

宮部さんの下駄'09

最近よく覗いてみる「和工房あき」さん。
並んでいる商品の趣味も(きくちいま小千谷縮も置いてあります!)、気持ちの良いお店の方の対応も気に入ってます。
そして、今日は、チラシを見てからずーーと待っていた、宮部さん下駄フェアーです♪(高松初出店)
フェア

私のお目当ては、メールでお願いしておいた、胡麻竹の素足用の台、そしてメールで知らせてくださった絹芭蕉やホースヘアの鼻緒です。
ほぼ開店と同時に到着、お久し振りですのご挨拶もそこそこに、所狭しと並ぶ鼻緒からチェックです。
わぁぁ、この目移りする感覚、懐かしい~
宮部さんは、朝5時に内子を出発されてきたそうです。
パッと目に入ったのが、新商品のホースヘア。黒、グレー、縞、白など色々あります。
胡麻竹の台を選んだら、本格的に鼻緒を選びます。
置いて見たら、真っ白がよく似合うようです。
実は今日は、以前誂えた下駄も持参、すこし草臥れた鼻緒を交換してもらうつもりです。
そこで更に選んだのは、格通しの小紋柄。
最初は、胡麻竹にホースヘアの予定でしたが、履ける時期が短い事を考えて、オールシーズンの塗り下駄の方にホースヘアを、胡麻には格通しに決定。
挿げ中の宮部さん
↑序でに補修もお願いしちゃいました。

出来上がりはコチラ。
焼鎌倉にホースヘア
↑焼鎌倉にホースヘア
↓胡麻竹に格通し
胡麻竹に格通し

イベントは、明日まで。
お近くの方はどうぞお出掛け下さい、
一押しオススメです。


すずめ、高松遠征!!

松山の主要すずめンバー来高の今日、朝から爽やかな風の吹く快晴でした。

食事抜きで早朝出発で着いた3人と、近所のうどんやでまずは腹ごしらえ。

家に上がって雑談するうちに、
夜もうどんを食べるなら、昼は別なの食べよう、
それなら、お庭が素敵な「例の」ときわ茶寮に行こう、
ときわに行くなら、着物で行こう
という三段方式で、急遽、着物で高松そぞろ、決定!!

着付け小物など揃ってなかった割には、
流石に着慣れた、お3人の着姿でしょ?!
すずめchans

お昼を食べた後は、たまたま通りかかった和のお店で、アドレナリンを放出し、下駄や鼻緒を観賞し、galleryあん 実店舗も表敬訪問し、
(私はそこで、アフリカンな猫ちゃん帯留を紹介されて、勿論お持ち帰りしました)
アフリカン猫

また家まで戻り、洋服に着替えて一休みし、夕食に再度うどんで〆て、お開きとなりました。
素敵な仲間と、とっても濃い1日でした♡


メンバーのIさんはビーズの先生でもあります。
来られる前にリクエストした、ゴルフバッグのチャーム。
golf

オリジナルに作ってくださり、レシピも材料キットもお土産に。
さらに、アンティークの根掛けから作ってくださった、珊瑚の大玉の簪。
珊瑚
ありがとうございました。大事に使います!!


また、京都の染め工房にお願いしていた、オリジナル仕様の帯揚げと半衿も、本日届きました。
肉球尽くし
帯揚げ
刺繍の下絵を染めていただいた、半衿2枚。藤/宝尽くし
半衿02
半衿01
どんな刺繍半衿になるか、あとは私の腕次第だ~!!!

やっと日の目を見たキモノ

大概、新しく着物を手に入れると嬉しくて、
取って置かずすぐに袖を通してしまう性格の私ですが、
この1着に限っては、着ていなかった…
というより、着て出る機会がなかった。
知る人ぞ知る、破格値で手に入れた、エジプト文様総汕頭の訪問着。

ホテルでの、シャンソンディナーショーに急遽招かれ、遂に袖を通しました♪
これも信じられない値段で手に入れた(4桁よ!!)辻が花の袋帯をあわせました。
スワトーback
畳紙の上で拡げて見ている時より、
実際に着た時の方が、かえって地味でした。
ちょっと派手目の小紋、感覚で、
今後はちょいちょい着てみようかと思い直しました。

急いで30分で着たので、伊達衿もなし、裾がバタバタしてる~

この日のディナーは、魚介の前菜2皿に、お肉のリゾット
その後、お魚の一皿とお肉の一皿…
数えてみたら、フルコース2回分ほど頂きました。

ビールも白ワインも赤ワインも、
飲み干す間もなく注ぎ足され、どれも美味しく、
大のご満悦の夕べでした

ボタドリのあずま袋

ちょっと寒かったけど、お天気がよかったので、
保多織を直に触ったことのないお友達を誘って
馬場呉服店さんを訪れました。

保多織着物を見せていただき、
セミオーダーの正絹半幅帯なども物色しつつ…
私は、最新の ボタドリあずま袋 に出会っちゃいました。
ボタドリグッズ、帯留なんか本当にかわいいんだけど、
私には可愛過ぎちゃうので、躊躇してたんですが。
あずま袋ならヨシでしょう?!

色も色々ある中で、
私はトリ柄が一番目立つ、且つ全体的には大人し目の
ぼたどり三角
コレに決めました
私、シリアル#001 だそうです(笑)

帰り道で、保多織織元の岩部さんへもお邪魔し、
生の保多織手織り機を見学しました。

私も、保多織足袋、欲しくなってきたな~

足袋

私は、圧倒的に、草履より下駄派。
何かと、色柄や素材にこだわる事にもなりますし、
よって、履いている足袋の裏の汚れや、
また、足袋の裏による下駄の台へのダメージも気になります。

履物を脱いであがる時に、
台からの色移りした足袋の底を見て、憂鬱になったり。
汚れが気にならないよう、だびックスなど履いた時には、
化繊が与える台の傷が、やっぱり気になる。

でも、女性用で、底が黒い足袋って、なかなかないんです。
あっても、本体の柄が奇抜だったり。

それを、最近手に入れました、
柄がおとなしくて、普通の着物にも合わせやすい、
底が黒い足袋を!
足袋01
裏は
足袋02

それでも、やっぱり、白足袋を合わせたいコーディネートの日もありますよね。
頼んでみました、この足袋屋サンに。
多少の特注代で、作っていただけるとの事、
現在作成中です♪

記事中の足袋は、まねきや さんです。

続きを読む

「きくちいま と きものアレコレ」パーティー

「きくちいま と きものアレコレ」パーティー~ニッポン全国きもの日和in松山~
に出席のため、松山まで行って来ました。
気分は、里帰り~

きくちいまさんは、365日着物で過ごしていらっしゃる、イラストレーター・エッセイスト。
すずめのそぞろ歩きが、ほぼ2年越しでラブコールして実現した、イベントです。
いまさんの着物生活のきっかけ、日々の苦労や嬉しい事や笑っちゃう話、あまりに楽しく、あっという間に講演時間が終了してしまいました。
講演後のランチのテーブル1卓1卓を、いまさんが廻って下さり、写真撮影もさせていただきました。
スタッフの皆様、大変お疲れ様でした。素敵なイベントを開催してくれて、ありがとう
パーティ準備中
ももすずめさま

続きを読む

京都きものパスポート 他

今までは、京都きものパスポート はその秋から年末までの期間限定でしたが、
今年から、10/1~1年間(これが続くなら、1年中ってこと?!)になりました。
着崩れチェックとか、割引とか、持ってると何かと便利ですよね。
前回の京都旅行は、ニアミスでサービス開始前だったのですが
次回以降に備えて、貰うだけは貰っておきました。
どうか、使う機会が訪れますように…!!
京都きものパスポート


10月最初の三味線のお稽古に、暑かったけど、袷を着ました、
(私には珍しい柄物)
だって、季節限定の柄なので、今月せっせと着ないと!
柄の柿に合わせて、帯は秋色の柿渋生紬。
春の透綾さんのバザーで仕入れたものを、初めて締めました。
柿


何につけようかと迷っていた、銀杏の根付
印傳の薄型札入れに付けてみました。
これなら、帯に挟んでもお腹が膨れないし、
なんだか色目も合うみたい♪
銀杏根付

馬場呉服店 紅型展

に行ってきました。
朝から雨が降り止まなかったので、着物は断念。
受付けの芳名帳の横に、
"「きくちいま と きものアレコレ」 講演会 "ちらしも
置いて下さってました。ありがとうございます♪

今回の目玉は、若手紅型作家 宜保聡さんの紅型帯(七緒のvol.3でも紹介されています)
ご本人も、会場でコリコリと紋型(?)切ってらっしゃいました。
お客さんが空いた時間、少しお話を伺いました、
紅型の描き方、城間栄順、三線、琉装…
とても、気さくで素敵な方でした♡

今回もまた、何も買わずに退出したのですが、
お土産、いただいちゃいました。
紅型絵葉書
右側が宜保さんの作品。かわいらしいでしょ?

count

関連BOOKS

フリーエリア

sidetitleprofilesidetitle

ちょこにゃん

Author:ちょこにゃん
…今年も頑張ろう、週一キモノ…

sidetitleonline countersidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitlecountersidetitle
sidetitlerecent commentsidetitle
sidetitlerecent entrysidetitle
sidetitlecategorysidetitle
sidetitleArchivessidetitle


全記事表示
sidetitleTwitter Updatesidetitle
sidetitlerecent truckbucksidetitle
sidetitle注目words!sidetitle

すずめ 半幅  温泉  鼻緒 半衿 日本刺繍 下駄 帯〆 三味線 半襟 手拭い 着物 帯留 浴衣 

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleネコ温度計sidetitle
sidetitle長崎市のイベントsidetitle
sidetitleヨガするsidetitle
sidetitleafternoon-teasidetitle
sidetitleTripAdvisorに掲載されましたsidetitle
琴平町のホテルの口コミ
琴平町のホテルの口コミ
sidetitleNew Photossidetitle
sidetitlemaxellディスクレーベルデザインsidetitle
sidetitle文楽みくじsidetitle
sidetitle名刺sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleLINKsidetitle
sidetitle*Advertisement*sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。